Latest In

News

胃に作用する尖点は何ですか

指圧は、ガス、膨満感、その他の消化器系の問題など、さまざまな健康状態に何千年も使用されています。

Author:Daniel James
Reviewer:Karan Emery
Jun 28, 2021
2.1K Shares
306.4K Views
指圧は、ガス、膨満感、その他の消化器系の問題など、さまざまな健康状態に何千年も使用されています。
消化を改善し、腹痛を軽減するなどの助けになると信じられている体のほぼ30のポイントがあります。
不快な胃腸症状に対して指圧を試すことに興味がある場合は、医師の診察を受けて、この治療法を治療に組み込む方法について詳しく学んでください。

ツボについて

漢方薬は中国だけでなく世界中で長い間使われています。
鍼治療や指圧などの伝統的な方法は、現在のホリスティックな健康文化におけるいくつかの西洋の手順の魅力的な代替手段です。
指圧は、さまざまな体圧を刺激することを目的とした伝統的な中国式マッサージ療法の一種です。
これらのツボのマッサージは、体を通るエネルギーの流れを調整し、一般的な代謝にプラスの影響を与えるのに役立つはずです。
抑制はガス放出に寄与するだけでなく、胃の不快感や便秘などの他の消化不良の問題も有益であると考えられています。

ガスや膨満感のツボは効きますか?

消化器系の問題に指圧を利用することに関する研究の量は限られており、研究の大部分は代わりに鍼治療に焦点を合わせています。
一方、指圧は、ガスや膨満感などの不快な消化器症状を助けることが臨床研究で示されています。
便秘のある70人の血液透析患者に対する指圧の効果が研究された。試験中、患者は週に3回、4週間指圧を受けました。
研究者によると、一般的な腹部指圧部位の刺激は、より多くのガス放出とより良い排便をもたらしました。
研究者らは、2015年から2016年にかけて便秘のある成人精神病患者78人に対する指圧の影響を研究しました。
研究の参加者は指圧を10日間自己投与し、症状の重症度を評価しました。調査結果によると、指圧介入グループに参加した人々は、ガスや膨満感などの便秘症状が少なかった。
指圧が胃腸の問題に役立つことを示す証拠がありますが、その利点を完全に理解するには、さらなる研究が必要です。

ガスと膨満感のツボ

獲得スポットは、漢方薬では「子午線」またはエネルギールートとして知られているものに沿って私たちの体全体に分布しています。
各子午線は体全体で同じ器官であり、子午線に沿った位置の後に各抑圧点が呼び出されます。
マッサージで指圧の次の領域を刺激すると、閉じ込められたガスの膨満感が減少します。
胃、腸、その他の腹部器官の指圧にあるこれらの部位の多くは、消化器系のサンテにも影響を与えると考えられています。

足三里(ST36)

足三里(ST36)
足三里(ST36)
ST36と呼ばれることもあるZuganliは、胃の子午線上にあり、影響力があると言われています。:
  • 上腹部器官
  • 副交感神経系
  • マスターエネルギー
位置:膝蓋骨の下3cm、外縁まで1cm。
この点をマッサージするには:
  • 足三里の先に2本の指を置きます。
  • 指先に軽くしっかりと圧力をかけます。
  • 片方の足で2〜3分間マッサージし、次にもう一方の足でマッサージします。

魏秀(BL21)

魏秀(BL21)
魏秀(BL21)
一般にBL21として知られているWeishuは、膀胱の子午線であり、以下に影響を与えると考えられています。
  • 腹痛
  • 胃腸障害
背骨の小さい方の約6インチ上、背骨の両側の外側1 1/2インチが、ポイントが配置されている場所です。
この点をマッサージするには:
  • 1〜2本の指をweishuポイントに配置する必要があります。
  • 円を描くように、適度な圧力をかけます。
  • 1〜2分間マッサージします。 椎間板ヘルニアや脊椎の衰弱などの禁忌の状態がある場合は、このポイントをマッサージしないでください。

チーハイ(CV6)

チーハイ(CV6)
チーハイ(CV6)
Qihai、またはCV6は、影響を与えると考えられている受胎血管子午線上の子午線です。
  • 下腹部臓器
  • 全体的なエネルギー
ポイントの位置:へその下約11/2インチ。
この点をマッサージするには:
  • ポイントの位置に2〜3本の指を置く必要があります。
  • 穏やかな圧力で円を描くように指を動かします。 この領域は敏感なので、強く押しすぎないことが重要です.
  • 2〜3分間マッサージします。

中湾(CV12)

中湾(CV12)
中湾(CV12)
CV12としても知られているZhongwanは、同様に受胎血管子午線上にあり、以下に影響を与えると言われています:
  • 上腹部器官
  • 膀胱と胆嚢を含む陽器官
ポイントはへその上約4インチです。
この点をマッサージするには:
  • 中湾ポイントに2〜3本の指を置く必要があります。
  • 円を描くように、強く押しすぎないように注意しながら、穏やかな圧力をかけます。
  • 2〜3分間マッサージします。

さんyいんじあお (SP6)

さんyいんじあお (SP6)
さんyいんじあお (SP6)
脾臓の経絡には、一般にSP6として知られているSanyinjiaoがあり、以下に影響を与えます。
  • 下腹部臓器
  • 副交感神経系
ポイントは、内側の足首の骨の約3インチ上にあります。
この点をマッサージするには:
  • sanyinjiaoポイントに1〜2本の指を置く必要があります。
  • 指先に軽くしっかりと圧力をかけます。
  • 2〜3分間マッサージし、もう一方の足で繰り返します。

ガスと膨満感のツボにマイナス面はありますか?

指圧は一般的にリスクのない治療法です。 血液障害や持続性の痛みなどの慢性疾患のある人は、指圧を使用する前に医師の診察を受ける必要があります。
自分に指圧をかけるときは、常に強くて適度な圧力を肌にかけてください。 特に敏感な領域を刺激するときの過度の圧力は、不快感、あざ、および他の副作用を引き起こす可能性があります。

いつ医者に診てもらうか

持続的なガス、膨満、またはその他の消化器系の問題がある場合は、根本的な障害を除外するために医師の診察を受ける必要があります。
あなたとあなたの医師は、あなたがあなたの症状を引き起こしているものを知った後、指圧や鍼治療のような全体的な治療の選択肢を含む治療計画を立てることができます。
Jump to
Daniel James

Daniel James

Author
Daniel James is a distinguished gerontologist, author, and professional coach known for his expertise in health and aging. With degrees from Georgia Tech and UCLA, including a diploma in gerontology from the University of Boston, Daniel brings over 15 years of experience to his work. His credentials also include a Professional Coaching Certification, enhancing his credibility in personal development and well-being. In his free time, Daniel is an avid runner and tennis player, passionate about fitness, wellness, and staying active. His commitment to improving lives through health education and coaching reflects his passion and dedication in both professional and personal endeavors.
Karan Emery

Karan Emery

Reviewer
Karan Emery, an accomplished researcher and leader in health sciences, biotechnology, and pharmaceuticals, brings over two decades of experience to the table. Holding a Ph.D. in Pharmaceutical Sciences from Stanford University, Karan's credentials underscore her authority in the field. With a track record of groundbreaking research and numerous peer-reviewed publications in prestigious journals, Karan's expertise is widely recognized in the scientific community. Her writing style is characterized by its clarity and meticulous attention to detail, making complex scientific concepts accessible to a broad audience. Apart from her professional endeavors, Karan enjoys cooking, learning about different cultures and languages, watching documentaries, and visiting historical landmarks. Committed to advancing knowledge and improving health outcomes, Karan Emery continues to make significant contributions to the fields of health, biotechnology, and pharmaceuticals.
Latest Articles
Popular Articles